2004年06月27日

●アメイジング・グレイスはどこの民謡か

最近ではドラマ「白い巨塔」のエンディング等で使われていた美しい曲ですが、インターネットで調べてみると

  ・アメリカ民謡
  ・イギリス民謡
  ・スコットランド民謡

と、3つの記述に分かれていることを発見しました。スコットランドは1707年にイギリスに合併しているのですが「イギリス」は便宜上の名称なのでイギリス民謡というものがそもそも存在しない気がします。というわけでイギリス民謡はスコットランド民謡に包含することにします。
そうするとアメリカとスコットランドの差は何でしょうか?ちょっと調べてみました。


アメイジング・グレイスはそもそも賛美歌第2編167番で、作詞者はイギリス人のジョン・ニュートン(1725-1807)というクリスチャンです。
彼は以前、荒くれ者の奴隷商人でした。しかし奴隷貿易船で遭遇した大嵐で死に直面した時、初めて「神様、助けてください!」と叫んだのです。幸いにも命は助かり、その後彼は7才のときに亡くなった母が残してくれた聖書を読み始め、クリスチャンとなったのです。そして嵐の体験を元に「こんな愚かな、どうしようもない者をも神は救って下さった」という恵みを歌ったのがこの讃美歌です。
その後イギリス人のアメリカ移住とともに、この歌はアメリカの黒人奴隷、そして奴隷解放による黒人の北部移動に伴いアメリカ全土、さらに世界へと歌い継がれたようです。


どうやら作詞は間違いなくイギリス人のようですが、作曲者(不詳)がどこの国であるかは明らかでありません。「黒人奴隷達により歌われていた一種の労働歌"Loving Lambs"と合体した時から人々の間に広がり始めた」という説や、または「移住者がスコットランド民謡を歌い継いだ」という説等、さまざまです。ギターアンサンブルの楽譜には「Scottish Folksong」と書かれているものもありますが信憑性は定かでありません。
これで話が終わると締まりがないので少し音楽的に分析します。スコットランド民謡の特徴は5音音階です。これは「四七(ヨナ)抜き」というもので、メジャースケールの半音階にあたる第4音と第7音を抜いたものです(ポピュラー用語では「ペンタトニックスケール」)。これは「スコットランド音階」とも言われており「蛍の光」が有名ではないでしょうか。アメイジング・グレイスはまさにこのスコットランド音階に当てはまるのです。


という訳でアメイジング・グレイスのメロディーはあながちスコットランド民謡ではないとも言い切れないようです。まあ移住民はイギリス人だった訳ですから、スコットランド民謡とジョン・ニュートンの歌詞が海を渡ってアメリカの地で融合したという可能性は否定できません。
「アメリカ民謡」という印象が強いのは黒人霊歌という歴史的背景からだと思いますし、黒人が作曲したのであれば異なったメロディーが付される気がします。いかがでしょうか。

Posted by yujiro at 00:25 | Popup Comments
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://yujiro.dyndns.org/blog/koikikukan/mt-tb.cgi/113

トラックバック実行後、タイムアウトした旨のメッセージが表示されることがありますが、トラックバック先の処理は(これまでの経験上)正常に終了しています。正常に送信されたかどうかはトラックバック先の個別アーカイブページ等をご確認ください(タイムアウトについてはこちらの記事を参照ください)。
また同一のトラックバックが重複してしまった場合、こちらで気がついた時に適宜削除しておりますので削除のご連絡は不要です。ただし期間が空いている場合(数日とか)は気がつかない場合がありますのでご連絡ください。

コメント
コメントはまだありません。
コメントする




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

コメントありがとうございます。投稿が反映されるまでに時間がかかる場合がありますが「投稿」ボタンを続けてクリックされないようお願い致します。またコメント投稿処理が終了しない場合、トップページに反映されない場合がありますがコメントは正常に投稿されています(サーバ側の不具合のようです。こちらで操作してページに反映させています)。また1回のクリックでも重複してしまう場合がありますが適宜削除しておりますのでご連絡は不要です。