2005年04月04日

●IEでソースの表示ができない場合の対処

気に入ったWebデザインが見つかった時、HTMLソースを参照されている方は少なくないと思いますが、時々IEのメニューの「表示」→「ソース」や、右クリックやショートカットで選択する「ソースの表示」が突然できなくなる場合があります。
このような場合はメニューの「ツール」→「インターネットオプション」を選択して、表示されたダイアログ(左の画像)の「全般」タブの真中にある「ファイルの削除」をクリックする(さらにダイアログが表示されるので「すべてのオフラインコンテンツを削除する」にチェックをつけて「OK」をクリック)と解消するようです(私はこれでなおりました)。同じタブの下にある「履歴のクリア」も行った方が良いようですがこちらの効果の程は定かではありません。


この対処方法は下記のサイト等で紹介されています。

23:59 | Comments [6] | Trackbacks [0]

2005年03月27日

●マウスの掃除

PCのマウスはボール式マウスを使ってます。最近カーソルの動きがやや悪くなってきたので掃除しました。すでに皆さんご存知と思いますが日記ということで。


まずボールを押さえている裏蓋を手で回して開けます。ボールをコロンと取り出すと、中にローラーと呼ばれるものが計3ヶ所あります(図中矢印)。ボール自体は結構綺麗なのですが、このローラーの方にゴミがこびりついておりまして、これがカーソルの動きを悪くしている原因のひとつです。


このこびりついたゴミを爪楊枝等の細い棒を使って取り除きます。私はギターを弾くために右手の爪を伸ばしているので、ローラーを少しずつ回しながら中心部分を爪で引っ掻くといい具合にとれてくれます。マウスの上部を下にして作業するとゴミが中に落ちてしまうので、ボール面をやや下向きにすると良いでしょう。


こびりついたゴミがあらかた取れたら、ティッシュか指(笑)でローラーをごしごしと回しながら拭きます。ボールを元に戻し、フタを閉めて作業完了。滑らかな動きが蘇ってスッキリです。
こういうのって他の方が掃除しているのを見たことがないのですが皆さんどうやって掃除されているのでしょうか。

21:35 | Comments [13] | Trackbacks [0]

2005年03月20日

●Gateway707JP 購入

自宅サーバはOS:Windows2000/CPU:PenⅣ 2.8GHz/メモリ:512MB/ハードディスク40GBという、まあまあのスペックですが、諸事情でカスタマイズ用の作業マシンは5年ほど前に購入したCompaq Presario 3st224(CPU:Celeron 663MHz/メモリ256MB等)というものを使っておりました。ウェブサイト閲覧くらいなら問題ないにしても、Movable Type の再構築時間等を行うとレスポンスが悪く、結構ストレスかかります。ポップアップもサクッと開かなかったり。


その話とは別に、「BTX」という規格を昨年末辺りに某雑誌で知り、かなり気になっていました。
BTX(Balanced Technology eXtended)とは、Intel社が2003年秋に発表したPC/AT互換機用のマザーボードのフォームファクタで、現在の主流であるATXの後継規格と言われています。
BTXの大きな特徴は、パーツの配置変更による効率的な冷却、つまり発熱対策です。ATXでは発熱の多い個々のパーツにファンを装着する必要があったのですが、BTXでは部品全体が平行に並ぶようにCPUや拡張スロット等の配置を変更しています。これでケース前後に大型のファンを装着するだけでケース内の空気の流れがスムーズになるという訳です。


で「次にPCを購入するならこの規格かな」と思っていたら、Gateway よりBTX規格のデスクトップが早々に登場しました。最初 705JP が登場、その後ドライブがDVDスーパーマルチになった 707JP が1万円高で登場。先に述べた精神衛生上良くない環境も後押ししてくれて、無駄遣いと思いつつ購入しました。


Gateway 707JP
Gateway 707JP
posted with amazlet at 05.03.21
Gateway (2005/01/25)
在庫切れ
おすすめ度の平均: 5
5 Gateway 707JP


スペックは CPU:Pen4 550(3.4GHz)/メモリ:1024MB DDR/ハードディスク:250GB/ドライブ:スーパーマルチDVD±R/RW/OS:Windows XPと、目的から考えると過剰スペックですが、他機種と比較したところコストパフォーマンス的にもかなり優れているようです。また気になるBTX効果については「PCのファンは通常より40パーセント遅い速度で回転するので放熱性と静音性に優れている」とのこと。ちなみに立ち上げたところ最初だけファンが唸りますが、すぐに回転数が落ちて静かに回ってくれてます。


一度日本から撤退した実績のある Gateway なのでサポートがやや心配なところですが、ひとまず快適なPC環境を得られたといったところです。ちなみに購入したのは2月ですがエントリーがのびのびになってしまいました。
このマシンで数年耐えてくれることを期待しています。

23:59 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年03月02日

●3Dウェブ検索実験新サービス

以前ユーザ登録していた「3Dウェブ検索実験新サービス」よりメールが届きました。
この実験は、NTTレゾナントとNTT情報流通プラットフォーム研究所(以下、NTT研究所)が2003年10月7日より2004年3月31日(延長で2005年3月31日まで)まで共同で実施しているもので、目的はNTT研究所が開発した「InfoLead(総覧型3Dウェブ検索サービス)」の商用環境での利用検証評価です。これはNTTレゾナントが運営するポータルサイト「goo」との連携により共同で行われています。*1

今回は3Dウェブ検索用ブラウザ「FieldExplorer」のバージョンアップのお知らせでした。バージョンアップの内容は

  • マルチメディア検索
  • シームレス(クリック不要な)検索が可能
  • 検索結果ページをInternetExplorerのお気に入りに追加したり、お気に入りを3Dウェブ検索で参照が可能
ということです。
これまでは FieldExplorer を利用するために一旦ユーザ登録をしなければならなかったのですが、今回のバージョンアップでユーザ登録不要になりました。


このブラウザの特徴は、左上イメージのように検索結果が縮小画像で表示されるところ。検索結果はコントロールパレットというものを使って行い、かなり直感的に操作できるように工夫されています。表示された画像のレイアウトは何パターンからか選べるようになっており、表示結果を眺めながら操作するだけでも結構楽しめます。
欲を言えば画像がもう少し鮮明に見えてほしいこと、またハイスペックなマシンでないと動作がやや厳しいというのが難点ですが、これまでにない画期的なブラウザかと。なかなかお勧めの一品です。


ダウンロードは、先のリンクから進むか、FieldExplorerのダウンロードからダウンロードできます。インストールは簡単にできましたが、デスクトップのショートカットやスタートメニューの設定が正常にできませんでした(私だけ?)。デフォルトでインストールすれば

    C:\Program Files\InfoLead\FieldExplorer\fexplore.exe(またはfexplore)
が実行ファイルなので、これをクリックすればブラウザが開きます。


基本的な検索操作は、左上にあるテキストボックスに検索文字列を設定して、その右にある「ウェブ」をクリックすると検索結果が表示されます。実際に操作をする「コントロールパレット」という画面は「表示」→「コントロールパレット表示」で表示されます。「近づく」「遠ざかる」等で検索結果をスクロールします。


*1:gooラボ・3Dウェブ検索実験についてより引用

23:59 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年12月25日

●USB カードリーダ購入

携帯のminiSDに保存したデータをPCに転送したいので、先日購入しました。以前も同じようなものを購入した経緯があり、そちらは色々なカードに対応していていいのですがやや大き過ぎるのが難点で、今回はメモリースティックDUOとminiSD用にしました。かなりコンパクトです。また直接差し込めない場合の延長ケーブルつき。
本当はminiSD専用が欲しかったのですが、最近の(DoCoMoの)携帯は標準でメモリースティックDUO/miniSD対応みたいです。これなら買い換えた時にどちらでも対応できるのでこれにしました。
13:50 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2004年11月22日

●MSNメッセンジャーでブロック

自宅サーバの別のURLでマンドリンアンサンブルの練習音源(MP3)を公開しています。基本的に自分で録音したものをアップするのですが、別の音楽仲間が彼の機材で録音してくれたものも時々アップしています。その友人から音源をもらう時はMSNメッセンジャーを介して送ってもらうのが習慣で、今日も練習で録音したファイルを転送してもらおうとメッセンジャーで通信しようとしたのですが、ブロックされてしまいました。


OSはXPです。そういえば先日WindowsアップデートでSP2にしたので、要因は間違いなくそのせいですね(やるんじゃなかった…)。ファイアウォールは無効にしたのですが相変わらずブロックされっぱなしです。ネットもちらっとしか検索していないので原因は調べきれてません。
こうなったら郵送か?(笑)

01:33 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2004年08月25日

●IEの[ソースの表示]で起動エディタを指定する方法

IEで[ソースの表示]を選択するとデフォルトの設定ではメモ帳が起動します。が、メモ帳では文字コードによっては文字化けする場合が多く、他のエディタを起動している方も少なくないと思います。
他のエディタを起動する方法のひとつとしてフリーソフトの利用がありますが、私は直接レジストリを編集して起動エディタを変更しています。参考サイトは下記。

  @IT:Windows TIPS Internet Explorerの[ソースの表示]メニューで起動するエディタを指定する

23:52 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年08月18日

●XPで外付けデバイスを簡単に取り外す方法

Windows2000でUSB経由の外付けデバイスを取り外す時って、タスクバーの「安全な取り外し」をクリックし、デバイスの停止をしなければいけません。それを行わずにうっかりデバイスを抜いたりするとシステムの動作がおかしくなったりして大変です。
そういう訳でXPでも「面倒臭いなぁ」と思いながら同じ手順を踏んでいたのですが、XPはドライブ単位に「クイック削除」という上記の作業を省略できる機能が追加されているみたいですね。知りませんでした…。


具体的には、「マイコンピュータ」を右クリックして「設定」を選択→ツリーの「記憶域」配下の「ディスクの管理」をクリック→右下に現れた「ディスクx」の部分を右クリックして「プロパティ」を選択→表示されたダイアログの「ポリシー」タグをクリックして、

    クイック削除のために最適化する

のラジオボタンを選択すれば設定OKです。

01:15 | Comments [2] | Trackbacks [0]
 1  |  2  | All pages